【THE THOR】吹き出しの使い方と画像変更で独自性を演出!

吹き出しの使い方がわかりません
吹き出しの内容によって、適切な
画像に変えたいです…

このような疑問にお答えします。

本記事を読めば、会話形式の吹き出しでブログにアクセントを加えれますし、
デザインにもこだわればオリジナリティの高いものに仕上げることができます。


【吹き出しを使用した一例】

心配な人
デザインとか言うと
センスが必要なのでは?
 
つるさん
センスなんて必要ありません
それどころか逆にセンス良く
見せることができますよ!


こんな感じです。
吹き出しを効果的に使えば、ユーザーに対して簡潔に物事を伝えることができます。

ぜひチャレンジしてみてください。

今回は大きく分けて4つのテーマを紹介します。

  • 吹き出しの使い方
  • 吹き出し画像の変更方法
  • 吹き出しデザインのカスタマイズ
  • 吹き出し画像でオリジナリティを演出

それでは本編スタートです( ´∀` )

THE THOR(ザ・トール)吹き出しの使い方

THE THOR(ザ・トール)吹き出しの使い方

THE THOR(ザ・トール)での吹き出しの使い方はカンタンです。

記事の投稿画面から【プリセットパーツ】➡【吹き出し】を選ぶだけ。

記事の投稿画面から【プリセットパーツ】➡【吹き出し】を選ぶだけ。

すると、こんな感じで画像を差し込めます。

あとは、吹き出しの中を編集すればOK。カンタンでしょ?

泣く人
あの~すみません
投稿画面に「プリセットパーツ」が
見当たらないのですが…

そう、実は僕もTHE THOR(ザ・トール)を購入してすぐの時は吹き出しが使えなかったんです。

なぜなら、吹き出しを使うためのメニューがどこにも存在しないからです!

昨年、Wordress5にアップデートされたことで
Gutenberg(グーテンベルグ)という新しい編集機能に変わりました。

そして、THE THOR(ザ・トール)は完全にGutenberg(グーテンベルグ)に対応できていません。

ネットで見つけた解決策は、プラグインの「Classic Editor」を入れること。
でも入れなくても使えました!

『クラシック』で吹き出しは使います

『クラシック』で吹き出しは使います

ブロックを追加する際に「クラッシック」を選択すると、旧バージョンのWordPressが使えるようになります。

いくつかの機能がこの旧バージョンでしか使えないので、早めのアップデートに期待ですね。

THE THOR(ザ・トール)吹き出し画像の変更方法

THE THOR(ザ・トール)吹き出し画像の変更方法

記事の投稿画面から【プリセットパーツ】➡【吹き出し】を選ぶと

  1. 左画像(背景スタイル)
  2. 左画像(ボーダースタイル)
  3. 右画像(背景スタイル)
  4. 右画像(ボーダースタイル)

上記の4種類が使えます。
各ディフォルトの画像からわかるように、左画像にはネコ・右画像にはイヌが採用されています。

左画像にはネコ・右画像にはイヌが採用されています。

もちろん、このまま使用しても構わないけどやっぱり好みの画像に変更したいですよね!これから解説していきます。

THE THOR(ザ・トール)で吹き出し画像を変更する手順は2ステップ。

THE THOR(ザ・トール)で吹き出し画像を変更する手順は2ステップ。
  1. ディフォルトの画像の左上にカーソルを合わせてクリック
  2. 「メディアを追加」をクリックして画像を選択



画像変更成功!
コメント

↑上手く変更できました。
画像下・吹き出しの中のテキストも、カーソルを合わせてクリックすれば
自由に変更ができます。


画像変更の解説は以上となります。

THE THOR(ザ・トール)吹き出しのデザインをカスタマイズ

THE THOR(ザ・トール)吹き出しのデザインをカスタマイズ
欲が出てきた人
吹き出しもイメージ通りに
変更したくなりました。
 
つるさん
カスタマイズから設定できます。
ちなみに僕はLINEのやり取りを
イメージして緑にしています♪

THE THOR(ザ・トール)では、カスタマイズから吹き出し画像を固定する設定や、吹き出しの文字色・背景色・枠線の色をカスタマイズできます。

さっそく設定していきましょう( ´∀` )

【外観】➡【カスタマイズ】をタップ

【外観】➡【カスタマイズ】をタップ


【パーツスタイル設定】➡【吹き出し設定】をクリック

【パーツスタイル設定】➡【吹き出し設定】をクリック


固定したい画像を選択、名前も付けておくと良いでしょう。

※画像は500×500pix程度はあった方がキレイです。

固定したい画像を選択、名前も付けておくと良いでしょう。


文字色・背景色・線色をそれぞれ指定し、最後に右上の「公開」をクリック

文字色・背景色・線色をそれぞれ指定し、最後に右上の「公開」をクリック


THE THOR(ザ・トール)の吹き出し画像は

  • 左画像
  • 右画像

吹き出しの種類は

  • 背景スタイル
  • ボーダースタイル

があり、それぞれ設定できます。

自由な発想でデザインしてみてください( ´∀` )

吹き出し設定が完了するとこんな感じ

吹き出し設定が完了するとこんな感じ

吹き出し設定が完了すると、上のようになりました。

これでブログを書く楽しみが増えたんじゃないでしょうか?

僕のブログにエイリアンは登場しませんが、あなたのサイトに合ったキャラクターを採用して記事を盛り上げてください♪

吹き出し設定のデメリット

カスタマイズから画像を設定した際に起こるデメリットは、
「画像とセリフの内容が一致しない」点でしょう。

例えば

とってもカワイイです♡

こんな感じ。

設定するならかなり使用頻度の高い表情にしておくべきでしょう。
その上で、バリエーション豊富に色々な表情を集めておくと便利です。

無料のサイトでイラストを探すなら「freepik」がオススメ。
この記事のすべてのイラストで採用しています。

画像を集めると表情が豊かになりました

普段から笑顔を意識しています♪
おどろきましたって感じの顔です
うまくいった時の顔です!
こまった時はこうなります…

やっぱりセリフの内容に合わせた表情にする方が良いですよね!

とはいえ、フリー素材からでは自分がイメージしたイラストが中々見つからない…そんな場合はどうすればいいでしょうか?

最後の章では自身のサイトにあったイラストを入手する方法を解説します。

【裏ワザ】吹き出し画像は「ココナラ」で独自性を演出できる

吹き出し画像は「ココナラ」で独自性を演出できる

『ココナラ』というサービスを利用すれば、オリジナル画像が手に入ります。
表情1つにつき1,000円が相場ですが、メリットは大きいです。

  1. 完全オリジナル(世界に一つだけ)
  2. 指定の表情・ポーズを作成してもらえる
  3. 修正にも応じてくれる
  4. 相談した以上のクオリティで描き上げてくれることが多い
  5. そもそも自分好みのデザイナーに依頼できる


顔出しNGのブロガーさんが初めからSNS等でもブランディングしていく事を考えているなら、良いデザイナーさんを見つけておくのもひとつの手ですね。

»ココナラでチェック

オリジナルの画像はSEOにも効果的なので、ブログを上位表示させたいなら
取り入れてみてはいかがでしょうか?

今回は以上です。

もし、この記事が為になったら「シェア」をよろしくお願いします( ´∀` )

WordPressテーマ『THE THOR』
圧倒的にSEOに強く・抜群に上位表示されやすい究極のSEO最適化テーマ『THE THOR(ザ・トール)』であなたもインターネットビジネスを本格的に始めてみませんか?