【プリズナートレーニング】僕の人生に大きな影響を与えた1冊

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

を買いました。タイトルからも分かる通り、自重トレーニングの本です。

僕は以前から肉体改造系の本が好きで、買い漁ってました。

今回も本屋で偶然(いや、出会いに行ってるから必然か…)目についたのが

株式会社CCCメディアハウスから発行されている

「プリズナートレーニング|圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ」。

どの本を手に取るかって、タイトルで決まりません?

圧倒的とか、究極のとかもそうですが、「プリズナートレーニング」って今まで聞いたことがない文言に一撃でやられました。

その場で立ち読み(ゴメン)。

パラパラっと流し読みした地点で、かなりそそられる内容。速効買うと決心しました。

「え…?高い…」

さっき買うと決心したのに、もう揺らぎ始めた…2,000円(+税)です。

本は好きなんですよ。そんなに多くは無いけど月に2,3冊は買う。

そして、この手の本は大体1,500円くらいなんだよ。

それが千の位が「2」になった時の心理的なハードルときたら……

いや、買いました。どうしても気になったから。

で、感想はというと…

めっちゃいいです。

これほど体系的にまとめられたトレーニングの本って今までなかった気がする。

これまでの筋トレ本は、部位別の種目が紹介されてる程度。

  • 胸:腕立て伏せ 10回を3セット
  • 脚:スクワット 10回を3セット
  • 腹:腹筋    10回を3セット
  • 背:背筋    10回を3セット

みたいな。

プリズナートレーニングの本には、まったくそんな事を書いてなくて、

例えば「腕立て伏せ」をする前には4段階もステップがあって、

それを一つ一つマスターしてからでないと、

腕立て伏せをやる権利も与えてもらえないんです!

ヤバくないですか?

いや待て、腕立て伏せまで4ステップって…楽勝すぎない?って思うかもだけど、

厳格なフォームやゆっくりな動作などのルールが、

一筋縄ではいかないようになってる。

だから1つのステップを攻略できたら達成感が得られる楽しさがある。

また、全身にある500以上の筋肉を鍛えるのに必要な種目は6種目しかない

と著者は言っていて、本では「BIG6」と紹介しています。

以下の通り。

  1. プッシュアップ
  2. スクワット
  3. プルアップ
  4. レッグレイズ
  5. ブリッジ
  6. ハンドスタンド・プッシュアップ

とってもシンプル。

この「BIG6」と呼ばれる種目に10段階のステップが設けられているので

全部で60種類。これらのエクササイズを攻略するゲームみたいな感じ。

少し見てみたい方はこちらをどうぞ。

ちなみに、すべてマスターすると以下のことが出来るようになります。

  1. 片手で腕立て伏せ
  2. 片脚でスクワット
  3. 片手で懸垂
  4. 鉄棒にぶら下がって足を伸ばしたまま上げる
  5. 立った状態からブリッジし、ブリッジの姿勢から立ち上がる
  6. 片手で逆立ちした状態で腕立て伏せ

カンタンにできそうですか?

実はこの本、2017年8月に販売されていて、僕はその年の11月に購入してるんです。

2年前から始めてマスターしたのは1つもありません。

今、最後のステップに挑戦中なのは、スクワットとレッグレイズだけ。

でも不思議と継続できているのがこの本のスゴイところです。

ほかの実践者たちも長く続けています。

なんでそんなことが分かるかって言うと、「Twitter」でつながっていて、

トレーニングを共有しているからです。

「スクワットの〇ステップ挑戦中」とか、当時は3,4人しか居なかった仲間も、

今は100人を超えています。

こうやって、同じ種目をやっているからこそ共感が得られやすいし、

相談にも乗ったりしてるから益々続けやすい。

継続できる筋トレ本」として希有な存在なので、めちゃくちゃオススメ。

とはいえ、早く60種目攻略したいところです。

というのも、この本には既に第2弾・第3弾と外伝が発売されているからです!

プリズナートレーニング 超絶‼グリップ&関節編 永遠の強さを手に入れる最凶の自重筋トレ

プリズナートレーニング 実戦!!!スピード&瞬発力編 爆発的な強さを手に入れる無敵の自重筋トレ

プリズナートレーニング外伝 監獄式ボディビルディング

全部買ったのに、まだ最初の1冊目を頑張っているという…

トレーニング好きなら読んで損することはないですよ。
機会があればぜひ手に取ってみてください。